通信制高校での勉強の仕方

自分に合った勉強のスタイルを選択

通信制学校

通信制高校の最大の特徴は、学校によってそれぞれの特色があり、通学日数の設定、通学時間の設定、勉強のペースの設定など、学年制である全日制、定時制高校と違い、単位制であるために、必ずその学年学年で区切られた期間内に進めるべき学習範囲を必ず履修する必要がありません。これは単位制のシステム上、留年という概念がないことも関係します。

もちろん、最短である3年間での卒業を目指すためには、学校や先生方と相談しながら、各科目をどのようなペースで進めていくのかしっかりと計画していく必要があります。

通信制高校によって大分違いがありますが、多くの学校では、通信制高校に通う日数、つまり、年間数日から週1日~5日など、生徒それぞれがどのような登校スタイルにしていくのか決めることができます。また、学校の開始時間も選べる場合があります。

どの程度フレキシブルに決めることができるのか、学校によってまちまちですが、受験対策として週に5日通学する人もいれば、自宅での学習を中心にしたければ必要最低限の登校日数に抑えることができます。
その設定方法もまた、仕事、アルバイトがしたいから自宅中心にするのか、自分一人での勉強のペースが作りづらいので通学日数を増やしているなどの理由と様々です。

また、通信制高校によっては、普段は高校の勉強をサポートしてくれる、その名の通りの「サポート校」(高校ではありません)に通いながら、通信制高校の本校にてスクーリング(面接指導)を年に1日~数日程度実施する形式を取っている所もあります。

勉強の部分以外にも、部活動が充実している所、高校の履修科目以外にも、将来の仕事に役立つ専門的なスキルも学ぶことができるコースを設定している通信制高校もあります。
上記の通り、それぞれの高校によって特色が大きく異なります。

 
まずは、生徒の家から通える通信制高校の一括資料請求をしていただくことをおすすめします。
非常に簡単に、安心な無料での資料請求ができますので、通信制高校の資料一括請求(無料)のバナーよりご請求ください。およそ数日以内に通学圏内の通信制高校より、それぞれ資料が送られてきますので、各高校の比較検討が可能となります。

>卒業に必要な3条件、単位の取得方法について

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ