通信制高校とは | 単位取得と卒業の条件

通信制高校の特徴

通信制高校が全日制・定時制高校と大きく異なる点は、何と言っても単位制という所です。

小学校・中学校を経て、多くの高校生は全日制高校に進学します。
このような場合、学年ごとに区切られ、学年ごとの勉強のみをこなしていく学年制であるために、多くがイメージする学校の日程という部分では戸惑いを覚えることはありません。

しかし、通信制高校ですと、単位制であるために、卒業までに必要とする単位を、レポート作成+添削指導、スクーリング(面接指導)、テスト等を行うことで取得し、その単位を積み重ねていくことで卒業を目指していきます。このような性質上、次の学年に上がることのできない留年自体がありません。
逆にいいますと、学校側や先生方と相談しながら卒業に向けて計画的に勉強、単位の取得としていく必要があります。場合によっては国で定められている高校卒業資格を得るための最低3年間の就学期間以上に通信制高校に通う必要があります。
 
当然、生徒自身にとって3年間以上の長いスパンでの計画性が必要となりますが、もちろん学校側や先生方のしっかりとした就学、三年での卒業計画などの相談・サポートを受けることができるところがほとんどです。保護者、生徒自身がこの部分に心配があれば、その心配が解消されるまで学校側に質問・相談することをおすすめします。

通信制高校の卒業に必要な3条件

 
・3年間以上の在籍期間(就学年数)

・74単位以上の取得(必修科目含む)

・特別活動30単位時間の出席

通信制高校を卒業するためには、基本的に上記の3つの条件を満たすことが条件となります。

単位の取得方法について

 
・教科ごとのスクーリング(面接指導)

・教科ごとのレポートの提出(添削指導)

・定期テストの合格

卒業を目指して最短で3年をかけて74以上の単位を上記の3つのことを繰り返しながら積み上げていきます。
単位を取得していく上で学校側として多くのところではサポート体制が整っていますが、生徒本人の自学が基本となります。自立心を持ちながら、しっかりと教科書に沿って一つ一つの学習を順に行っていければ、確実に卒業に向かっていきます。
また、生徒自身で勉強のペースが作りづらい場合には通信制高校とは別にサポート校の利用も有効です。

>通学圏内の通信制高校を調べるために

>通信制高校での勉強の仕方について

>高校受験に失敗、落ちた場合の選択肢サイトトップへ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ