高校を変えたいと思った時の対策

高校生の多くが直面する高校を変えたい感情

受験失敗のショック
比較的多くの高校生が、学校生活での毎日の繰り返しの中で一度は考えることのある「高校を変えたい」という感情があります。
もちろん、高校を変えたいという感情に行き着くまでにはそれぞれそ理由があります。

例としては
『高校がつまらない』
『高校に行くのがつらい』
『友達ができない』
『学校でいじめられている』
『勉強について行けない』
『志望校の選択に失敗した』
『高校での悪い友達付き合いを断ちたい』
『家で勉強したい』

などがあります。
もちろん、高校を変えたい理由は、実際に悩んでいる高校生の数だけあると思います。ただ、これだけはいえることはこのような高校を変えたいと思ったときの選択肢として通信制高校が一つの案として上げられます。

通信制高校に変えた場合のメリットについて
通信制高校の最大の特徴の一つには、自宅を中心とした自学が基本となっていますが、全日制高校、定時制高校と同じ国が認める高等学校の一形態であり、最短で(全日制と同じく)3年間の在籍機関を持って卒業できることにあります。

また、他の形態とは違い、学年制ではなく、単位制を取っていることも大きな特徴となります。このため、卒業までに必要な74単位を3年間で取得できていない場合には、卒業までに3年以上を要する場合があります。このため、学校側と相談しながら3年間での卒業に向けての計画的な単位取得が必要となります。
ただ、必ずしも3年間で卒業する必要はありません。通信制高校には留年というものがありませんので、ゆっくりでも一歩一歩卒業に向けて努力していけばよいのです。

途中から高校を変える転学(転校)によって通信制高校に入るメリット
通信制高校を変えたいと思った場合に気になるのが3年間でちゃんと卒業できるのかと思う方も多いと思います。その点では、今まで在籍していた高校の登校日数や単位などを引き継ぐことができますので大きな後押しになることが上げられます。

通信制高校に入るには
ほとんどの通信制高校では書類選考によって入学することができます。ただ、これと共に(必要に応じ)面接を実施している通信制高校もあります。
通常、他校への転学(転校)には相応のテストなどを実施しますが、通信制高校にはこのようなものはほぼありません。

通信制高校の入学時期
これも『高校を変えたい』と思っている方には気になるポイントです。
多くの通信制高校が持つ特徴としまして、入学時期が4月や10月など年に2回の入学時期を設けていることが上げられます。
また、通信制高校によってはいつでも入学可能な随時生徒を募集しているところもあります。

それぞれの通信制高校が特徴的なカリキュラム、スクーリング(面接指導)日数、開始時間などがありますので、総合的にどのような通信制高校を選ぶべきかの判断には、まずは通学圏内の通信制高校の資料集めが必要不可欠となります。
当サイトではこのような要望に答えるべく、通学できる通信制高校の資料一括請求(無料)をおすすめしています。
高校を変えたいなどのご要望にも非常に有用な選択肢となると確信しております。

 
>通信制高校という選択肢サイトトップへ

コメントを残す

このページの先頭へ