最終学歴:中卒・高校中退ということ

最終学歴:中卒・高校中退の場合

大空画像

実社会には最終学歴が中卒・高校中退にも関わらず、企業経営者になるなど社会的な成功者が数多くいます。
これには過去のこの日本を取り巻いていた社会状況も大きく関係していると考えられます。

戦後日本の、国民の多くが決して豊かではなく、高校、大学に行くだけの能力があるにも関わらず、経済的理由などから高校への進学をあきらめてしまった人も多いのです。
そんな状況下でも、決して社会的弱者然といて自分自身の可能性をあきらめなかったからだといえます。
もちろん、現代でも同じような家庭内情、中卒という状況から成功を収めている人もいます。

努力、人との出会い、時流、アイデア、運など、成功には決して一言では言い表せない様々な要因が重なってのことではありますが、そのベースとなるのは「こんちくしょう!」という不屈の精神だと考えます。

最終学歴:中卒・高校中退とその実社会の壁

最終学歴:大卒>高卒>中卒という形で就職に有利に働きます。
もちろんその理由があって、義務教育である中学卒業から、義務教育ではない高校、大学へとどれだけ学習、能力、専門知識等を積み上げられたのかという所を就職先である企業側は見ているためです。
そのため、企業側から出される求人募集は高卒以上、大卒以上から応募可という規定を設けている場合がほとんどです。
最終学歴が中卒・高校中退者にとってこの状況を差別ととらえてしまうかもしれませんがこれが実状です。採用する側である企業側からすれば当然の募集要項と考えます。

自分自身の可能性を広げるのであれば、高卒資格を取る、就職に有利な資格を取るなど対策が必要となります。

最終学歴:中卒・高校中退者の可能性

中卒・高校中退者の可能性。上では少しきつい実社会での現実的なことを書きましたが、ネットの発達した現代社会ではアイデア次第ではいかようにもお金を稼ぎだせる可能性があります。
ただ、その上での基礎部分で一番大切なものといえばやはり自分自身の可能性をどこまで信じることができることができるのか?この部分に集約されます。

俺なら絶対やれる!」「私なら絶対出来る!」このようにぜひ自分自身の可能性というものを信じてあげてください。
自分を努力とともに目標に強く推し進めていくためにはぜひ持ってほしい心「自信」です。

ただ、この自分自身を信じる心「自信」の大敵が中卒・高校中退者にはあります。
それは、自分の最終学歴に対するコンプレックスです。実はこれを払拭するのが一番大変かもしれません。

その解決法の一つとして、もっとも確実な方法にはやはり高校への進学や再入学(編入学)があります。
つまり、高校を卒業して高卒資格を得るのです。これならもうあなた自身の最終学歴が中卒や高校中退ではなくなります。

高校に今から入学するには自分の年齢が気になる・・・

いえ、通信制高校であれば年齢を気にする必要がありません。
仕事を持っている社会人も子育てが一段落した主婦も通っています。
あえて自分に向いているという理由で通信制高校を選ぶ受験生もいます。

高校中退後、その後の高校再入学先としてもっとも選ばれているのが通信制高校なのです。
全日制高校でも、定時制高校でもありません。
この理由には学年制ではない、単位制を採用している通信制高校ならではの入学のしやすさがあります!

当サイトでは通信制高校の資料一括請求※無料※をおすすめしています。
通信制高校ってどんなだろう?そんな疑問に答える通信制高校のパンフレット・資料をまとめて集めることができます。
費用はかかりません。また、資料一括請求をすることで入学を強く促すようなこともありませんのでお気軽にご利用ください。

コメントを残す

このページの先頭へ