「高校受験に失敗」の記事一覧

高校受験での失敗談、その後の選択


中学生にとって、高校受験というものは非常に強いプレッシャーを伴うものです。
中学受験などを経ていない多くの受験生にとって高校受験というものが始めての大きな選択となることと思います。
当ページでは高校受験に失敗談を集め、受験生がどのような経験をし、どのような結果が待っていたのかを参考にしていただけましたら幸いです。

勉強嫌い

受験生の多くが進路として選択する全日制高校ですが、定員数オーバー、高校レベルの違いによる受験難易度、面接時の失敗などによって志望校への合格が叶わなかった場合には、当サイトをぜひご活用ください。

本命校の受験失敗した場合には滑り止めとしての私立、公立高校に通う、または定員割れによる二次募集から高校に入学する場合がほとんどだと思います。
ただ、高校受験に失敗時における選択肢の一つとして『通信制高校』という高校形態が上げられます。
現在、若者が減っていく人口減少傾向の日本において、通信制高校の存在感が日増しに増してきています。全日制高校、定時制高校の生徒数が確実に減少して行っているのに対し、厚生労働省が行った平成24年の統計では通信制高校の学校数、生徒数共に増加していっています。実際に高校生の20人に1人は通信制高校への進学を選択しています。

高校受験に失敗したという現実は、受験生、その家族に大きな影響を及ぼします。ただ、このような場合でも、通信制高校という選択肢を一つ加えることで大きなプラス面があると考えます。
通信制高校の多くは、生徒募集時期に関しましても4月中まで実施しており、また、その半年後の10月からの入学にも対応している場合もあります。(通信制高校によっては随時募集もあり)

もちろん、高校卒業資格に関しましても、国が認める高等教育の一形態ですので取ることができます。
実際に、通信制高校→大学受験を目指している生徒も多いのです。また、それぞれの事情、家庭環境、経済環境などによって通信制高校のニーズは異なりますが、このような場合でもスクーリング(面接指導)の日数設定、開始時間など柔軟に対応している通信制高校もあります。

高校受験に失敗した場合における当サイトとしての選択肢についての詳しい情報は
>高校受験に落ちた時のためのサイト | 高校受験に失敗、落ちた場合の選択肢サイトトップをご覧ください。

定時制高校という選択肢

勉強嫌い

勉強嫌いの私の選択 定時制高校2年 Aさん(女性)の場合 わたしは中学の頃は勉強が嫌いで、全く勉強をしたことがありません。 勉強が嫌いなのは今も同じなのですが、高校には行きたいと思っていました。 勉強がしたいというわけで・・・

不登校が原因で受験失敗

不登校と勉強

不登校でも勉強はしたい Oさん 17歳の場合 中学校の頃は学校が嫌で、不登校(気味?)でした。 勉強が苦手というわけではありませんでしたが、クラスの人間と馴染むことができずに学校に行きたくないと思っていたのです。 1年生・・・

高校受験の失敗で学んだこと

失敗に学ぶ画像

高校受験の失敗に学ぶ 高校3年生 Uさんの場合 小学校、中学校と区立の学校であったため、高校受験がはじめての入学試験でした。 学校で行われるテストというと周りは知っている人ばかりだし、慣れている教室で行うので、緊張するこ・・・

通信制高校に10月に入学

通信制10月入学画像

10月から通い始めた通信制高校 通信制高校へ通うBさんの場合 現在、通信制高校に通っているのですが第一志望としていた高校受験に失敗してかなりの期間それを引きずることになりました。 元々勉強が好きではなかったので、高校受験・・・

立ち直れないと思っていた高校受験の失敗

受験の焦りとプレッシャー

焦りとプレッシャーで進まない受験勉強 2年前の高校受験に失敗してしまったときには、もう一生立ち直れないかと本気で思っていました。     自分の学力は平均ぐらいで、自分が行きたい高校はそれよりも少しレ・・・

このページの先頭へ